ダブル洗顔は必要!クレンジングと洗顔の違いと正しい方法を大公開!

「ダブル洗顔って本当に必要なの?」と疑問をお持ちではないですか?
そもそもダブル洗顔って何!?と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回はダブル洗顔とは何か?本当に必要なのか?という点から、クレンジングの負担を軽減するポイントまで紹介します。

正しい知識を身につけましょう。

01 ダブル洗顔って?本当に必要なの?

ダブル洗顔とは?

ダブル洗顔とは
ダブル洗顔とはクレンジングでメイク汚れを落とした後に、洗顔料でほこりや余分な皮脂、古い角質などの汚れを落とすことです。
クレンジングと洗顔料で顔を2回洗うのでダブル洗顔と言われています。

ダブル洗顔は不要?必要?

結論から言うと基本的にダブル洗顔は必要です。

ダブル洗顔の役割は主に下記の2つ。

①汗やほこりなどの水性の汚れを落とすにはクレンジングより洗顔料の方が適しているため

クレンジングと洗顔の役割は異なります。
クレンジング 洗顔 役割
クレンジングは本来メイクなどの油溶性の汚れを浮かせて落とす役割があります。
一方、洗顔の役割は汗や皮脂、古い角質、ほこりなどの水溶性の汚れを落とします。

そのため、どちらか片方のみだとメイク汚れや、余分な皮脂などが肌に残りやすくなり、ニキビや毛穴の黒ずみ汚れなどの主な原因となってしまうので、ダブル洗顔は必要なのです。
クレンジング 洗顔

②肌に残ったクレンジングをきれいに洗い流すため
クレンジングは基本的に油分が多いため、水で洗い流すだけでは十分に洗い落とせないものが多いです。

そこで、洗顔料を使って、もう一度洗ってあげることで、①でお伝えした水性の汚れと一緒に、肌に残ったクレンジング料や皮脂汚れも洗い流して、肌の表面をさらにきれい(清浄)にすることができるのです。

ダブル洗顔不要のクレンジングとは?

最近ではダブル洗顔不要と書かれたクレンジングが増えてきましたね。
これらは、先ほど挙げたダブル洗顔の目的2点を満たした、

・水性の汚れも落とす
・クレンジングがきれいに落ちるので洗い残しがない

クレンジングです。

02 ダブル洗顔のメリットとデメリット

ダブル洗顔は基本的には必要ですが、メリット・デメリット両方ありますのでこちらで確認しておきましょう。

ダブル洗顔のメリット

メリット① 洗い残しの心配がない
前章でお伝えしましたが、水性の汚れとメイクの洗い残しを落とすのがダブル洗顔のため、肌に残った不要な汚れをきちんと落とすことができます。
汚れや古い角質が洗い落ちずに肌に残ることで毛穴の黒ずみの原因にもなったり、肌のごわつきの原因にもなります。

メリット② 美容成分が角質層まで浸透する
肌に残った不要な汚れをきちんと洗い残すことで、洗顔後に行う化粧水や美容液などのスキンケアアイテムの美容成分がしっかり角質層まで届くようになります。
汚れが表面にたまっていると成分が表面で留まってしまうため、きちんと落としてあげる必要があるのです。

ダブル洗顔のデメリット

デメリット 摩擦が負担になることがある
顔を2回連続で洗うことになるので、特に乾燥肌や敏感肌の方で肌が薄い方にとっては、摩擦が負担になることがあります。

乾燥肌・敏感肌ではない方でも、洗顔後に肌がつっぱるという方は、ダブル洗顔が合っていない、もしくはやり方が間違っている可能性があります。

次の章で正しいダブル洗顔の方法をお伝えするので確認してみましょう。

03 正しいダブル洗顔のポイント

■濃いアイメイクはポイントリムーバーで先に落とす

アイメイク ポイントリムーバー
濃いアイメイクをしている方は、クレンジング前にポイントリムーバーで落としましょう。

クレンジングの際にベースメイクなどと一緒にアイメイクも落とそうとするとゴシゴシと指先に力が入り、擦ってしまう可能性が高いです。

目の周りの皮膚は特に薄く、デリケートなため、リムーバーで先にアイメイクを落とし、できるだけ負担をかけないようにしましょう。

※ティントタイプなど落ちにくい口紅を使用している方も先に落としておきましょう。

<リムーバーの3ステップ>

1.コットンにリムーバーをひたひたになるまで染み込ませる。

2.目元にコットンを5秒ほど置いてアイメイクと馴染ませる。

3.やさしくコットンをすべらせて拭き取る。

■適量を使用する

クレンジング 適量
ダブル洗顔をする際は、パッケージなどに記載されている適量を使用するように意識しましょう。

使用量が少ないとクレンジングや洗顔料をなじませる際に摩擦がおきて、肌への刺激となる場合があります。

また、クレンジングや洗顔料本来のメイクや汚れを落とす力が発揮できず、最大限の魅力を引き出せなくなってしまうため、適量を使用するように心がけましょう。

■洗顔料はしっかり泡立てる

洗顔料 泡
石鹸の場合も洗顔フォームの場合も、摩擦を減らすためにも、しっかりと泡立てて弾力のある泡を作りましょう。
泡立てが苦手な方は泡立てネットの使用をおすすめします。

■優しく指先で肌へなじませる

クレンジングや洗顔料は、指先でやさしく撫でるようになじませましょう。

汚れを落とそうとゴシゴシと強く擦ってしまうと、摩擦によって肌を傷つけてしまう可能性があります。

そのため、できるだけ優しく撫でるように肌へとなじませるように意識しましょう。

■ぬるま湯(30度から32度くらい)ですすぐ

クレンジング 洗顔 すすぎ
クレンジングや洗顔料をすすぐ際は、ぬるま湯で擦らずに優しくすすぎましょう。

お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要なうるおいまで落としてしまい、乾燥の原因のひとつとなります。

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

触ったときにぬるいなと感じる程度を目安に温度調整をするよう心掛けましょう。

■ダブル洗顔不要のクレンジングを使った日はダブル洗顔しない

ダブル洗顔不要クレンジング
ダブル洗顔不要のクレンジングは、ダブル洗顔しなくても良いように作られたアイテムです。元々落ちやすく作られているため、これにさらに洗顔料を重ねるとかえって肌に負担になってしまいます。

どうしてもダブル洗顔がしたいという場合は、ダブル洗顔不要と書かれていないクレンジングを選びましょう。

04 おすすめクレンジング

ダブル洗顔はできるだけしたくない!クレンジングと洗顔料が一度に済んで、洗い上がりがつっぱらないクレンジングないかなぁ?とお探しの方におすすめしたいのがこちら。

肌ナチュール 炭酸クレンジング
肌ナチュール 炭酸クレンジング

肌ナチュールはダブル洗顔不要の炭酸美容液クレンジング。
また、メイクをしていない場合の洗顔や炭酸パックとしても使えます。

ポイント① 美容液に変わる炭酸泡で汚れをスルッとオフ

肌ナチュール 炭酸クレンジング 毛穴汚れ
肌ナチュール炭酸クレンジングは泡で出てくるタイプ。
メイクになじませると炭酸泡がだんだんと美容液状になることで毛穴に入り込み、強くこすることなくメイク汚れや余分な皮脂などを浮かせてくれます。

そのため、肌への摩擦を軽減しながらも毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。

ポイント② 合計53種類の美容成分配合で洗い上がりしっとり

吸着型ヒアルロン酸やナノコラーゲン、プラセンタ、セラミドなどの保湿成分を始めとした美容成分が贅沢に配合されています。

ハチミツ発酵エキスも配合されており、優しく古い角質を取り除いて毛穴の黒ずみ汚れや汚れによるくすみにもアプローチ。

クレンジング後も肌がしっとりとしてうるおいが残り、乾燥肌の方にもおすすめのスキンケアアイテムです。

ポイント③ マツエクOK・濡れた手OK・お風呂場OK!!

肌ナチュール炭酸クレンジングはオイルフリーなのでマツエクの方も使用OK!

また、濡れた手でもOKなのでお風呂場の使用もできます!
シーンや場所を選ばずに使用できるのも、愛用者の方から支持を得ているポイントです。

05 まとめ

ダブル洗顔は、クレンジングと洗顔料のそれぞれに異なる役割があるので必要です。

しかし、乾燥肌や敏感肌の方にとっては負担となってしまう場合があります。

その場合は摩擦を軽減できるダブル洗顔不要のクレンジングを使うことで、優しくお手入れすることをおすすめします。

肌のタイプに合わせたお手入れで、きちんと化粧汚れやほこりなどの汚れを落とし、透明感のある美肌を目指していきましょう。

ITEM INFO

CLEANSING

炭酸クレンジング

100g

落とすだけのクレンジングから、心地よいスキンケアタイムに。 高濃度炭酸が汚れを浮かせて落とし、メイクも毛穴の黒ずみ汚れもみるみるスッキリ!53種類の美容成分で炭酸パックにもなる、まるで美容液な炭酸クレンジング。

DETAIL