クレンジング6種類の特徴と使い方|違いを知って潤い肌を目指す

クレンジングには、いろいろな種類があります。

しかし、その種類ごとの特徴や違いをきちんと知ったうえで選んでいる方は、実はあまり多くないのではないでしょうか。

なんとなくでクレンジングを選んでしまうと、乾燥や敏感肌などの肌荒れの原因となってしまうことも。

クレンジングは種類ごとの特徴や使い方などを正しく理解することで、触りたくなるような潤いのある肌に近づくための味方にできます。

今回はそんなクレンジングの種類別の特徴と使い方、選び方などを紹介します。

01 クレンジングの種類と特徴

クレンジングの種類は、主に6つあります。

種類別にそれぞれの特徴を紹介していくので、どのようなクレンジングがあるのか見てみましょう。

  • ①クレンジングシート

    クレンジングシート クレンジング種類
    クレンジングシートは、シートにクレンジング料が含まれており、メイクを拭き取るだけで簡単にオフできるタイプです。

    いつでもどこでも使えるので、疲れてすぐに眠りたいときやキャンプ、旅行先といったイベントのときなどに、手軽に使えて持ち運びもしやすいので便利です。

  • ②オイルクレンジング

    オイルクレンジング クレンジング種類
    オイルクレンジングは名前の通り、オイルが主な成分のクレンジングです。

    メイク落ちがよく、洗い上がりが比較的スッキリとしています。

    メイクを素早く落としやすいのでしっかりメイクをした日などにおすすめのクレンジングです。

  • ③リキッドクレンジング

    リキッドクレンジング クレンジング種類
    リキッドクレンジングは主に水分でできているタイプのクレンジングです。

    「水クレンジング」と呼ばれることもあり、テクスチャーはサラサラとした液状のものが多く、使用感はサッパリとしています。

    メイク落ちが良いので、ベースメイクが濃いしっかりメイクときにも使いやすく、濡れた手で使えるタイプが多いのでお風呂場などで使える点でも便利です。

    また、マツエクの接着剤は油分に弱いと言われています。

    そのため、マツエクをつけている方にはオイルフリータイプのリキッドクレンジングがおすすめです。

  • ④ジェルクレンジング

    ジェルクレンジング クレンジング種類
    ジェルタイプのクレンジングで、ジェル状のテクスチャーで厚みがあり、メイク汚れとなじませる際の摩擦を抑えられます。

    オイルフリーの水性タイプとオイルインの水性タイプ、そして油性タイプという3つの種類に分けられます。
    ジェルクレンジングの種類
    クレンジングジェルの種類

    オイルフリーの水性タイプは、油分があると取れやすいマツエクをつけている方におすすめです。

    ただし、オイルフリータイプはナチュラルメイクのときに向いているクレンジングなので、しっかりメイクをしたときには使い分けたほうがいいかもしれません。

    オイルインの水性タイプと油性タイプはメイク落ちがいいので、しっかりメイクのときにもおすすめです。

  • ⑤クリームクレンジング

    クレンジングクリーム
    クリームタイプのクレンジングで、テクスチャーに厚みがあります。

    メイクとなじませる際にクッションのような役割を果たし、摩擦を抑えることができるクレンジングです。

    油分を多く含んでいるので、肌が乾燥しやすいときなどでも使いやすいと言われています。

  • ⑥ミルククレンジング

    ミルククレンジング クレンジング種類
    ミルククレンジングは乳液状のタイプで使用感がサラッとしています。

    油分の多いなめらかなテクスチャーで伸びがよく、比較的肌になじみやすいタイプです。

    ナチュラルメイクのときや乾燥が気になるときなどに使いましょう。

    ゆっくりていねいにメイクをオフするのに適していて、しっとりとした洗い上がりになりやすいです。

02 クレンジング|基本と種類別の使い方のポイント

クレンジングは、種類にかかわらず守ってほしい基本のクレンジング方法と、種類ごとの使い方のポイントがあります。

クレンジングは、これまで紹介した6種類ごとに使い方がそれぞれ異なり、その使い方が間違っていると肌が荒れる原因となる可能性があります。

そのため、基本のクレンジング方法と種類ごとの正しい使い方を知ることが、理想肌へと近づくうえで大切です。

基本的なクレンジングの仕方と、6つの種類それぞれの正しい使い方のポイントを知りたい場合は、下記の記事をご覧ください。

>>「正しいクレンジング方法で理想のツヤ肌へ!基本と6タイプ別の正しい使い方」

03 クレンジングを選ぶポイント

クレンジングを選ぶためのポイントは2つです。

この2つのポイントを意識しながら、クレンジングをうまく使い分けるための参考にしてみてください。

  • ①メイクの濃さ

    メイクの濃さ クレンジングの選び方

    クレンジングはその日のメイクの濃さ次第で、選ぶことをおすすめします。

    肌に負担をかけたくないと思い、しっかりメイクをしたときにナチュラルメイク向きのクレンジングを使う方もいるかもしれません。

    しかしその場合、メイクがきちんと落ちなかったり、メイクを落とすために力が入り、ゴシゴシと肌を強くこすったりしがちです。

    すると結果的に、肌に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

    一方でナチュラルメイクであるにも関わらず、しっかりメイク向きのクレンジングでメイクを落とすことも、肌に負担をかけてしまう可能性があります。
    クレンジング 種類別洗浄力
    そのため、クレンジングは自分のメイクの濃さによって選び、使い分けることが大切です。

    メイクがどれだけ濃いか、というのはベースメイクで判断します。

    たとえば、洗い落としにくいリキッドファンデーションにはメイク落ちが良いオイルクレンジングなどがおすすめですし、パウダーファンデーションやルースパウダーにはミルククレンジングなどを使うと良いでしょう。

  • ②肌の状態に合わせて選ぶ

    クレンジングは、そのときそのときの自分の肌の状態によって選ぶのがおすすめです。

    基本的にクレンジングにはメイクの油分と水をなじませるための「界面活性剤」という成分が配合されています。

    界面活性剤は、クレンジングにとって欠かせない成分であり、その配合量と比例してメイク落ちの良さが決まるのです。

    ただし、メイク落ちが良いクレンジングは肌が乾燥しやすい状態であると、必要な水分や油分までメイクと共に洗い流してしまう場合があります。

    そのため、乾燥が気になるときや肌荒れがひどいときなどには、ミルクやクリームタイプを選ぶなど、肌の状態に合わせてクレンジングを選ぶと良いでしょう。

    メイク落ちがよく、また摩擦による負担も軽減できるクレンジングとして、肌ナチュール炭酸クレンジングがおすすめです。

    肌ナチュールは炭酸が配合された、泡で出てくる珍しいタイプのクレンジングです。

    炭酸泡を肌にのせると美容液状にとろけて、肌に優しくなじませると、こすらずにメイクを浮かせて落とすことができます。

    炭酸にはタンパク質に吸着するという特徴があり、メイクはもちろん、気になる毛穴黒ずみなどの主な原因である、老化角質なども一緒に洗い流し、ハリツヤのある肌へと整えます。

    肌ナチュール 炭酸クレンジング 洗浄力

    さらにヒト型セラミドや吸着型ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと配合されているので、スッキリと洗い落としながらも、乾燥によるツッパリなどを感じさせません。

    毎日のクレンジングタイムが楽しみになるような、柔らかく弾力に富んだみずみずしい潤いのある肌へ導いてくれます。

    肌ナチュール 炭酸クレンジング

04 まとめ

クレンジングにはいろいろな種類があります。

たくさんある中から、自分に合うものを選ぶことは難しいかもしれません。

しかし、それぞれの特徴や使い方を正しく理解したうえで、自分の肌や生活スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

クレンジングを上手に使って味方にしながら、メイク映えのするキメのある潤い肌を目指してスキンケアを楽しみましょう!

ITEM INFO

CLEANSING

炭酸クレンジング

100g

落とすだけのクレンジングから、心地よいスキンケアタイムに。 高濃度炭酸が汚れを浮かせて落とし、メイクも毛穴の黒ずみ汚れもみるみるスッキリ!53種類の美容成分で炭酸パックにもなる、まるで美容液な炭酸クレンジング。

DETAIL