炭酸シャンプーで頭皮の乾燥・フケ対策!

頭皮の乾燥が気になる、フケが出てきたんだけどどうしてかな・・など頭皮についてお悩みではありませんか?

季節要因もありますが、毎日のヘアケアが原因を作ってしまっているかもしれません。

頭皮の乾燥・フケの原因を知り、正しいヘアケアで対策しましょう!

01 頭皮にフケが出る原因

フケは、古くなった頭皮の角質のこと。

フケには大きく分けて2つの種類があり、原因も異なります。

  • ①乾燥フケの原因

    パラパラとした粉のようなフケは頭皮の乾燥が原因です。

    乾燥した結果、角質が剥がれ落ちやすくなり目立ちます。

    顔や体が乾燥しがちな方は頭皮も乾燥することが多いですが、間違ったヘアケアでも乾燥しやすくなることがあります。

    こちらについては「2.頭皮が乾燥する原因」でご説明します。

  • ②湿った脂っぽいフケの原因

    湿ったようなフケが出る場合は、乾燥とは真逆で頭皮の脂が必要以上に出過ぎていることが考えられます。

    こちらは、洗わなさすぎで脂っぽくなってしまっている場合と、乾燥フケ同様洗いすぎてしまっている場合があります。頭皮にも最低限の脂は必要です。

    脂を落とそうとゴシゴシ強く洗いすぎたり、自分に合わない洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったりすると、頭皮にとって必要な脂までも落ちてしまい、それを補おうとするため皮脂の箇条分泌につながるのです。

02 頭皮が乾燥する原因

頭皮も顔や体同様に、空気が乾燥する秋冬などは乾燥しやすくなります。

また、それ以外でもいくつかの原因が考えられます。代表的なものを紹介するので、季節関係なしに乾燥するという方は、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

  • ①シャンプーのし過ぎ

    頭皮の乾燥 フケ シャンプーのし過ぎ
    一日に何度もシャンプーをしていたり、強い力でゴシゴシ洗いすぎていたり、シャンプーの洗浄力が合っていないなどで、頭皮に必要な脂まで奪われてしまうと、乾燥してしまいます。

  • シャンプーのとき熱いお湯を使っている

    シャンプー 熱いお湯
    熱いお湯で手を洗うと乾燥しやすくなるのと同じで、頭皮も熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで洗い流されてしまい乾燥しやすくなります。目安としては40度以上は熱いです。

    冷水は逆にシャンプーが洗い落ちにくくなるので、洗髪のときは熱すぎないお湯を意識しましょう。

  • ③紫外線の浴びすぎ

    頭皮 フケ 乾燥 紫外線
    頭皮も日焼けをするので、長時間紫外線を浴びるとダメージを受けて乾燥しやすくなります。できるだけ帽子や日傘などで頭皮を守りましょう。

  • ④暖房、冷房の効いた部屋に長時間いる

    頭皮 フケ 乾燥 エアコン
    暖房、冷房の効いた部屋は空気が乾燥しがち。そこに長時間いることで頭皮も乾燥しやすくなります。

    ただ、消すことも難しいと思いますので、家の場合は加湿器を置く、職場の場合は卓上加湿器を置くなどして、できる限りの対策をしましょう。

03 炭酸シャンプーで頭皮の乾燥とフケを対策

日常から対策できることもあれば、シャンプーが原因の場合もありましたね。

シャンプーのポイントは「不要な汚れはしっかり落とし、必要なうるおいは残すこと」。

そこで、炭酸*シャンプーを取り入れることをおすすめします。

*噴射剤

  • 炭酸シャンプーのメリット①炭酸が不要な汚れをしっかり落とす

    炭酸シャンプー 炭酸 汚れ
    炭酸*泡はきめ細かいため、髪や頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れ等を吸着し浮き上がらせることで、普段とれにくい汚れまでしっかり落とすことができます。

    ゴシゴシ擦り過ぎなくてもよいため、洗いすぎを防ぐこともできます。

    皮脂により頭皮が汚れると、毛穴がふさがった状態になりやすく、シャンプーで落とし切れていない皮脂が酸化して、ニオイやべたつき、かゆみの原因に。

    乾燥や度重なるカラーやパーマによって髪の毛はパサつき、枝毛や切れ毛が発生しやすくなり、広がってまとまりにくくなってしまいます。

    頭皮ケアをすることで、髪全体の悩みに対してアプローチすることができるのです。

    *噴射剤

  • 炭酸シャンプーのメリット②炭酸が肌をやわらげる

    炭酸シャンプー 炭酸が肌をやわらげる
    炭酸には、汚れを落とすだけでなく、肌をやわらげる働きもあります。

    頭皮は乾燥すると固くなり、そして固くなることでより乾燥する・・という負のループに陥りがち。

    炭酸*シャンプーは、肌をやわらげると同時にシャンプーに配合されている美容成分を角質層のすみずみまで行き渡らせ、すこやかな頭皮を保ちます。

    *噴射剤

04 肌ナチュール 炭酸ボタニカルシャンプ

炭酸シャンプーが頭皮ケアにおすすめなことをご紹介しましたが、炭酸シャンプーと一言で言ってもいろいろな種類があり、中には乾燥しがちな方には洗浄力が強すぎるものも。

そこおすすめなのが、肌ナチュール炭酸ボタニカルシャンプーです。
肌ナチュール 炭酸ボタニカルシャンプー

  • ●おすすめポイント①泡で出てくるので均等に洗える

    肌ナチュール 炭酸ボタニカルシャンプー 泡で出てくる
    炭酸ボタニカルシャンプーはワンプッシュで炭酸泡が出てくるのがポイント。

    泡立てる時間が短縮できるだけではないんです!

    シャンプーはきちんと泡立てずに頭皮にそのままつけるとシャンプーが毛穴に入り込んでしまい、洗い残しによりフケができる原因に。そこで、最初から均等な泡で洗うことで、洗い残しを防ぐことができるのです。

  • ●おすすめポイント②毎日使える

    炭酸シャンプーは商品により週1の使用、週2~3回の使用など推奨している頻度が異なりますが、肌ナチュール炭酸ボタニカルシャンプーは毎日の使用が可能。

    日々のシャンプーで頭皮ケアをすることができます。

  • ●おすすめポイント③ボタニカル成分配合で保湿対策◎

    肌ナチュール炭酸ボタニカルシャンプー ボタニカル成分 保湿
    乾燥でお悩みの方には嬉しいポイント!

    肌ナチュール炭酸ボタニカルシャンプーには10種類のボタニカルエキスと2種類のボタニカルオイルが配合されています。

    髪や頭皮にうるおいを与え、ハリ・コシのあるすこやかな髪や頭皮に導きます。洗い上がりも乾燥することもなくしっとり♪

05 乾燥・フケに悩む方の炭酸シャンプー使い方ポイント

肌ナチュール炭酸ボタニカルシャンプーを使うときのポイントをご紹介します。他のシャンプーでも同じことがいえるかと思いますので、皆さま参考にしてみてくださいね。

  • ◆洗髪前にブラシで髪をとかす

    炭酸シャンプー ブラシで髪をとかす

    頭皮の不要な汚れを落としやすくするために、洗髪前の乾いた髪をブラッシングしましょう。

    根元からやさしく、汚れを浮かび上がらせるようにブラッシングしていきます。

  • ◆先にお湯だけでしっかり洗う(予洗い)

    炭酸シャンプー 予洗いしっかり
    シャンプーをつける前に、しっかりとお湯で洗い流しましょう。

    髪と頭皮の汚れは、70~80%はこの予洗いで落とせます。

    汚れが少なければ少ないほど、シャンプーがより泡立ちやすく、洗いやすくなります。

  • 爪をたてずに指の腹で洗う

    髪を洗うときに爪で洗っている方は要注意。爪で頭皮を傷つけてしまいます。

    指の腹でやさしくマッサージするように洗いましょう。

    慣れないうちは洗った気がしなかったり難しいかと思いますが、慣れるまで意識しましょう。

  • ◆洗い残しのないようにしっかりすすぐ

    頭皮はもちろん、耳の後ろや襟足はすすぎ残しが多い箇所です。

    シャンプーの洗い残しがそのままフケにもなってしまいますので、しっかり洗い流しましょう。

06 最後に

乾燥・フケにお悩みの方は、まずはシャンプーのやり方を見直してみてください。

合わせて、炭酸シャンプーでの頭皮ケアを取り入れることをおすすめします。

ぜひ、試してみてくださいね。

ITEM INFO

BOTANICAL SHAMPOO

炭酸ボタニカルシャンプー

150g

自宅で簡単に炭酸ヘッドスパ体験! 美しい髪を生むための頭皮にもいたわりを。その考えから生まれた炭酸とボタニカル成分を融合させた頭皮ケアシャンプー。 炭酸の洗浄力とボタニカルの補修力・保湿力で、健やかな頭皮とハリ・コシのある髪へ。

DETAIL